自分で取り付ける火災報知器

煙感知方式がイオン化式 の火災報知器

 微量の放射性物質(アメリシウム241)が空気を電離させ火災報知器内にイオン電流を流しています。  火災報知器の中に煙の粒子が流入すると電流が減少し、火災の発生(煙の発生)が検知される方式です。



イオン化式の火災報知器の廃棄には注意が必要です。光電式感知器へ交換が進められています。
イオン化式の火災報知器の廃棄に関しては、(社)日本火災報知機工業会のWEBサイトに記載があります。

煙感知方式の火災報知器は、光電式が推奨されています。


火災報知器 TOPページへ戻る