自分で準備する防災グッズ

 

本サイトは、自分に合った防災グッズを正しく準備する為の情報を提供します。

 
また、防災用品/防災グッズ製品の紹介として、ASP各社で提供される各製品を厳選し、カタログ情報を元にしたコメント/補足説明を加え製品別にして紹介しています。

        (自分で準備する防災グッズ サイト更新履歴)

自分で準備する防災グッズ


 近年、地震・風水害などの自然災害や火災・道路災害などの人災とも言える様な災害が多くなってきています。
これらの災害に見舞われた場合、防災グッズの事前準備の有無が生存の分かれ目になる場合が多くあります。

いざという時の為、自分に必要な防災グッズを自分で準備しましょう。

総務省 防災グッズの紹介

防災サバイバル手帳



防災情報をすばやく入手しましょう!


防災に関する情報をすばやく入手し、準備した防災グッズを有効に活用しましょう!

政府機関のホームページなどで防災情報がリアルタイムに公表されています。


<国土交通省>

防災情報提供センターへのリンクリアルタイム雨量・リアルタイムレーダーなどの観測情報、地震・津波情報、国土交通省の防災情報へのリンクなどが提供されています。

川の防災情報

川の防災情報をリアルタイムに表示します。


<内閣府>

防災情報

災害緊急情報などが提供されています。


<気象庁>

気象警報・注意報

全国の警報・注意報が提供されています。




必要な防災グッズとは?


お住まいの地域・環境によって必要な防災グッズは異なります。
自分の回りを見回り、災害時に必要となる防災グッズを想定しましょう。


国土交通省ハザードマップポータルサイトでお住まいの地域の想定される被災状況が確認できます。

総務省では、すくなくとも、以下の防災グッズが必要としています。
 
 

防災グッズ

防災グッズの詳細

食品 缶詰 ビスケット チョコレート インスタント食品
飲料水、生活雑水
ほ乳びん ほ乳びん MILK
(赤ちゃんがいる家庭では必要です。)
缶きり 缶詰を開ける場合に必要です。
照明器具 懐中電灯 ろうそく
ラジオ FM文字多重放送受信機能付き
救急箱 傷薬 包帯 消毒液 
小物類 ライター ナイフ 予備電池
衣類 下着、上着
毛布 寝具、暖房
保護ツール ヘルメット 防災ずきん


その他、必要とされる防災グッズに関しては、ここを参照して下さい。





防災グッズの必要量は?

 

災害発生から復旧するまでの3日間から5日間を自足するための、防災グッズが必要とされています。


防災グッズ毎の必要量は、ここを参考にして下さい。





自分で準備する防災グッズTOPへ戻る