自分で取り付ける火災報知器


自分で火災報知器を取り付けるまでの手順


下の①~⑤の手順で行って下さい。

取り付け期限を調べます。
 
②取り付け個数を確認します。

必要個数 = 政令で定められた場所に設置する個数
                    +
         市町村条例で定める場所に設置する個数

  政令で定められた場所とは寝室・廊下・階段です。
  市町村条例で定められた場所とは台所などです。

  (設置箇所判定プログラムを参考にして下さい。)

③火災報知器の種類を選択します。(選択のポイント

 ・寝室、階段、廊下は、煙感知方式火災報知器です。
 ・台所へは、熱感知方式火災報知器です。

④必要な種類の火災報知器を必要な個数分購入します。

 ・NSマークが付与されている火災報知器を選びます。
 ・価格、取り付け易さをカタログで判断します。
  (価格は3,000円~9,000円台です。)
  (取り付け易い製品は壁掛けタイプの製品です。)

⑤実際に取り付けます。

 ・取り付け箇所を確認し、正しい位置に取り付けます。

 (火災報知器取り付け日記を参考にして下さい。)


以上で、設置完了です。


選択のポイントへ戻る 火災報知器別館トップへ戻る